Reeのカナディアンライフwithコロンビアーノ 忍者ブログ
  気ままな日記でございます。学校のこと、カナダのこと、カナダ永住権ファミリークラス、時々ハニーさんの出身国コロンビアのことについて、徒然なるままに綴っていきます。メールはこちらまで:chopin_love91@yahoo.co.jp
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





4月になっちゃいましたね、とうとう。

前回の記事にも書いたように、今月の最初の週末は連休でした。

相方もオーストラリアへ親友に会いにバケーションに行っちゃってますし、

えいっ、んなら私も一人でどっか行っちゃお!っていうことで

初!ストレス発散一人旅に行ってまいりました~。



旅先は、バンクーバーアイランドの太平洋側に位置する、

Uclueletという人口1,600人程の小さな町。



なぜここにしたかというと、、、

三月の初めに、

4月の連休中に相方はエドモントンにおらんやん、

と気付いて一人旅を決行することを決めたとき、悩みました。



候補としては、

アメリカの西海岸(相方と行きたいかなぁ)、

カナダのニューファンドランド島(東海岸いまだに寒いらしいやん)、

イエローナイフ(エドモントンより寒いとこわざわざ行くんもなぁ)、

いとこが住んでいるデンマークのコペンハーゲン(彼女の日本帰省と重なっちゃったよ

と、結構あったのです。


が、その中で、私のお友達に、Uclueletから車で40分ほどのTofinoという

ホエールワッチングや、サーフィンで有名な町に

一人旅しにいった女の子がいまして、その子によると、

ゆっくりとリラックスするのにはとってもいい所だとおすすめされました。


決して遠くはない距離だし、自然に囲まれてゆっくりしたい、海を見たい、

っていうのがメインのストレス発散旅行にしたかったので、

そのTofinoより多少観光、ビジネス感がなくて、

ローカルな部分を味わえるUclueletに決めたのでした。


Uclueletに行くことが決まって、ツアーや宿をインターネットでひたすら検索。

Uclueletに3泊することになったのですが、

今回は初めて、B&B(Bed&Breakfast)に挑戦!

北米ではよくみられるB&Bとは、要は家族経営の朝ごはん付き民宿。

UclueletやTofinoにもこの手の宿泊施設が多いんですねぇ。悩みましたよ、これも。

しかし今回は、Uclueletの町のほぼ端っこに位置し、

海が目と鼻の先(実際に部屋から見える)にあるということが私的にはポイントだった、

素敵なかわいらしいOcean Mist Guesthouseに泊まりました。

またこちらについては後々…。




 

4/3 金曜日

エドモントンから、バンクーバー経由でまずはナナイモ空港へ。



天候は、、曇り時々雨。

バンクーバー着陸時、私が今まで乗ってきた飛行機の中で一番揺れました。

初めて、はっ!っとアームレストを掴んじゃったよ。

こんな調子でスタートかよーと思いながらも、バンクーバー到着。

バンクーバーからナナイモ空港までは、プロペラ機で15分もない程。

その空路では本土とバンクーバー島の間にある小さな島々が

雲の間から顔を見せていました。写真を撮りたかったのですが、

あまりにも飛行機が揺れて気持ち悪くて、景色を見てごまかすので必死必死。



午後1時頃:

到着したナナイモ空港、ちっちゃくて可愛い。

到着口には搭乗者を待っている人が結構いました。

イースター連休でしたので、バンクーバーや他から

ナナイモに住んでいる家族と一緒に過ごす方が多かったようです。

その家族らの再会を横目に見ながら、私はすたすたとレンタカーのカウンターへ。

エコノミーコンパクトみたいなクラスで事前に予約したのですが、

無料でミディアムにアップグレードされていました。

さらに、カウンターのお姉さん、私が23歳だっていうことで、

(ちなみに、25歳未満の利用者は、レンタカー会社のだいたいがアンダーエージ料金というものを追加、一日25ドル程です)

”You're such a baby"と10%オフ。

そんなんしていいんかい、っていう感じですけど、まぁ

ディスカウント、もらって嬉しくない人はいませんよね。




バンクーバーやカルガリーでレンタカーを利用するときは、

だいたいスマホのGoogle Mapのナビを使うのですが、

今回は島だし、電波悪そうだし、ということでGPSを持参。

(これが正解だった!)


さっそくGPSをつけて、NanaimoとUclueletの中間にある、

Port Alberniという町に向けて出発進行!

と、私の初一人旅はバンクーバー島でスタートを切ったのでした。




つづく。。。



読んでいただいてありがとうございます。
よろしかったらこちらをぽちっ!お願いします :)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR



相変わらず、冒頭は

お久しぶりです”。




2月がすごい勢いで過ぎましたが、

もう4月が目の前に…

エドモントンのMoodyな天候に耐えながら

毎日頑張っております。



何かあったと言えば、、、

んー記憶だけでは思い出せないので、

スマホの写真を見て思い出します。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

おお、そうだ、Grupo Nicheがあったんだ。

2月のバレンタインデーの日に

Grupo Nicheというサルサグループがコロンビアから来まして

もちろん相方と彼の家族・友達と行ってまいりました。

市のカピラノコンフェレンスセンターという小さな会場で、

大勢のサルサ好きが集まりました。



見渡す限り、私以外にアジア人がいない…笑

車の中や家でこのグループの曲を流す相方父のおかげで、

知っている曲がいくつかあり、

サルサをエンジョイすることができました。

いやほんまええエクササイズやったわぁ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私も相方もcoffee loverなのですが、

こちらはエドモントンでは有名なTranscend coffee.

実は、私達、今まで一回も行ったことがなかった〜

いつも行こう行こう、と言っておきながらなかなか…

いや、あれなのよ、夜9時とかで閉まっちゃうでしょ?

人気なんだからもうちょっと遅くまでやってもいいんじゃないのかなぁ。

とにかく、やっと行けました。今回はアルバータ大学近くのGarneau店。


相方は最近Flat Whiteとかいうものにハマっていてそちらを注文。

私は、cappuccinoをオーダーし、二人でbanana loafをシェア。

うん、おいしい!飲み物、両方とも濃くて美味しかったのですが、

正直バナナローフが一番美味しかった。

他にもいろんな食べ物があるみたいで、ぜひまた試してみたいですね。


 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



3月に入って、暖かい日が結構あり、

お昼休みや仕事終わりにちょちょっと散歩に行くことが多くなりました。

この写真は雪が降った翌日。

雪は残っていますが快晴だったのでオフィス周辺を散歩しました。

エドモントンは天候が変わりやすく、

いつ雪が降るか、いつまた太陽が出るかわからないので、

風さえなければ外に出て太陽を浴びるのが最近の小さな幸せ。



今日はまた曇り、、、気持ちもどよ~んとしてしまいます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

あと数日で3月も終わり、、、。

ほんま早いですね。


来週末はこちらロングウィークエンド。

私のオフィスは金曜から月曜までクローズです。

うちの相方が次の水曜から約2週間オーストラリアへ

親友に会いに遊びに行くので、私もこの連休を使って

初一人旅に行ってきます。

どこへ行こうかと悩みましたが、

どこかゆっくりと、のんびりとリラックスできる

小さな町を選びました。


こちらについてはまた次回…




よろしかったら下のロゴをぽちっ!お願いします:)
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

拍手[1回]




一月ももう終わりに差し掛かるところですが、
みなさま明けましておめでとうございます。

このブログの更新率は相変わらず、、、ですが
私のことをpersonally知っている方もそうでないか方も、
2015年もどうぞよろしくお願いします。





今回のブログの内容は
ほぼ私の反省日記となっていますので…。





昨年12月に入る前に、
私が働いてる団体のメインオフィスで仕事をされてたワーカーが
突然11月いっぱいで違う団体へ移ることに。


すごくやさしくて、尊敬するワーカーがどっかへ移っちゃうのは残念だったが、
まだ同じセクターで同じような職務をされているのでまだよかった。
また、外の団体にネットワークができたという面ではよかったのかもしれない。


そういうわけで、12月のスケジュールを組んでいた(どこの図書館にいつ行くか等の)
真っ最中に、スーパーバイザーから電話。
12月から人手が足りなくなるから、とりあえず12月いっぱいオフィスにいてほしいと。



アウトリーチという自分にとって新しいことに挑戦して丸3ヶ月が過ぎ、
複雑な気持ちをもったまま、12月は団体を去ったワーカーのポジションをカバーする形に。


なぜ複雑かというと、、、


自分はこの団体で2学期間の実習プラス約5ヶ月間パートタイムを過ごしたことがある。
その期間、ほぼオフィス内でウォークインやアポでクライアントとミーティング。
特に実際に雇われてクライアントと一対一で会うようになってから、この仕事を楽しむようになった。


そして卒業が決まり、9月からこの団体のスタッフとしてまた働けることになり、心から喜んだ。

タイトルは前と同じ、つまり、厳密に言うと職務内容は同じ。
でも、プログラム(オフィス外でのアウトリーチプログラムなのか、オフィス内でのサービスなのか)が違う。


タイトルは同じでも、働く場所によって、どこでクライアントと会うかによって、
必要なスキル等がかわってくる。



丸3ヶ月、公立図書館や小学校で働いてきて、
すごい難しかった。

または、自分で難しくさせていたのかもしれない。

一番大きかったのは、自分を前の自分と比べていたこと、かもしれない。
オフィス内で働いていた時の自分と比べていたんだと思う。
その時にはなかった、焦り、というか不安というか、
そんな気持ちがどっかにあったんだと思う。

外のクライアントの方が難しいケース、というわけではない。
実際には、外の方がクライアントとの関係をうまく発展させられる気がする。
(これについてはまた詳しく)


ただ、私は、数字に怯えていたのかもしれない。


他のスタッフやスーパーバイザーにも相談して、
まだ始まったばっかりなのだから、気にしないで、と言われていたのに、
私は、自分のネガティブな考えに打ち勝てずにいて、
なんというか、自分に勝てなかったような気がする。


でも、自分で積極的にタスクを探したり、ネットワークを広げたり
他のスタッフのアドバイスを聞きながら
アウトリーチに必要だと思うことをした。


そんな中でのスーパーバイザーからの呼び出し。

複雑だったなぁ。
4ヶ月目に入るという時に、波に乗ってきた気がしていた時に、、、

新年に入り、1月も終わりが近づいている今、
私は未だにオフィスで仕事をしています。



スタッフの中には、オフィス内の方が楽だとか、言ってる人もいる。
そう言われて、
じゃあ自分は、

難しい仕事から楽な方へ逃げたのか?

という考えが出てきてしまった。

今でもふとその考えが頭をよぎる。
けれど、問題は楽かどうかの話ではないと思う。

仕事は仕事であり、
自分が出来る事をいかに効率的に、そして効果的にやり遂げられるか
そしてどれだけ向上心を持って自分の仕事のクオリティーを上げていけるか、
だと思う。



私、positive thinkerだとは思うが
ネガティブな考えを一度頭に入れると、なかなか取り除けない。
だから、そういう事も頭に入れて、
ロジカルな理由づけをすることに心がけている。

それも一回だけではない。
何回も、ネガティブな考えがよぎる度に自分に言い聞かせている。


これは私の、long-term taskです。

拍手[1回]



カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Ree
性別:
女性
職業:
Student
趣味:
バチャータ
自己紹介:

広島の高校を卒業した後、
期待と不安をいだき
カナダのエドモントンへ。

大学附属のESLにて
英語の勉強をはじめ
現在はこちらの
ソーシャルワーカーになるべく
日々夢をみながら
学生生活送っております。

ゲゲゲの鬼太郎の里出身。
が、広島、山口が長いです。
留学を考えている方、
又は現在留学している方、
気ままな日記、
気ままに見ていきんちゃい。
最古記事
(02/28)
(02/28)
(02/29)
(03/02)
(03/06)
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright © Reeのカナディアンライフwithコロンビアーノ All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]