Reeのカナディアンライフwithコロンビアーノ 永住権ファミリークラス/コモンロー カナダ国内からの国外申請 忍者ブログ
  気ままな日記でございます。学校のこと、カナダのこと、カナダ永住権ファミリークラス、時々ハニーさんの出身国コロンビアのことについて、徒然なるままに綴っていきます。メールはこちらまで:chopin_love91@yahoo.co.jp
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






さてさて、かなり溜め込んでいた

永住権Sponsorship Family Class - Common-Law

でしたが、、、


先月の下旬、やっとこさCPC-Mississaugaに送りました。


最後の記事がメディカルで終わっていたので、

これから、今回の申請について記録用としても残したいので

詳しく書いていきたいと思います。



今から準備しようと思っている方、今準備中の方、

どこかの誰かがやった一例として、参考になさってください。

(まだ永住権がおりたわけではありませんのでご注意。)





---------------------------------------------------------------------------

まずは私のカテゴリー、プロセスについて。

このたび私は、

Sponsorship - Family Class (Common-Law)を

Outside of Canada


にアプライしました。


このカテゴリーは

カナダ国籍、または永住権保持者の配偶者、またはCommon-law partnerなどが

スポンサーとなり移住後3年間Sponsored personの経済的支援をすることを約束し

永住権を申請するものです。



プロセスは2ステップあります。

第1ステップは、Assessment of Sponsor

スポンサーの支援能力の審査。

こちらは国外申請の方がまず全ての書類を送るCPC-Mississaugaで行われます。


そしてこの第1ステップをパスしたケースはMississaugaから

それぞれの国外のオフィスに転送され、次のステップへ。


第2ステップは、Sponsored personの審査で、

こちらではその人の経歴、犯罪歴、またはスポンサーとの関係が

偽装結婚などでなくてGenuineなものか審査されます。





このSponsorship,国外申請国内申請の2種類がありますが、


Sponsored person (Principal applicant)が日本やカナダ以外の国にお住まいの場合、

もちろん国外申請となります。


Sponsored person(Principal applicant)がカナダ国内にお住まいの場合、

国外、国内とオプションが2つあります。




大きな違いといえば、

1)Processing timeの長さ、2)Appealの権利、

3)必要書類の違い、そして4)ランディングの必要

ですね。




1)Processing timeですが

国内申請になるとトータルで

(2012年12月12日現在)14ヶ月だそうです。


これが国外申請になると、第1ステップが現時点で35日間かかり

第2ステップがこれも海外のオフィスによってさらに違うのですが

日本の査証業務を行うマニラでは11ヶ月だそうです。


このProcessing Timesは第1ステップが毎週

第2ステップは毎3ヶ月に更新されますので

こちらをチェック→Processing times




2)もし申請がRefusedされた場合、

国外申請ではAppealの権利はありますが、国内ではなし。




3)必要書類の量が違うようです。

今ざっと見てみたのですが、やはり国外申請のほうが国内に比べて多いかな。




4)ランディングの必要

国外申請の場合、

Sponsored personは本当ならばカナダ国外にいるはずなので

永住権がおり、移住するためには国外からランディングする必要があります。

つまり、国内から国外申請をして許可がおりた場合、

アメリカボーダーまで行って、カナダを出て、戻ってきます。

そこで初めて移民となります。



が!CICローカルオフィスで国内ランディングもできるようです。

そこで面接などをしてプロセスを終了することができるそうですが、

そのローカルオフィスで予約をする際に待ち時間が長く、

CPR(Confirmation of Permanent Residence、

最後の最後に移住の許可がおりたら郵送される書類)

の有効期限か切れてしまうので

結局ボーダーへ行く、または旅行がてら海外に出たさいにランディング、

という方も多いようです。






とりあえず、大雑把にこのSponsorshipプロセス、

国内・国外申請のポイントをあげましたが、


次の記事から私のApplication Packageについて書いていきます。

私が忘れちゃう前に。


-----------------------------------------------------------------

私が送ったSponsorshipパッケージですが、

3部のファイルに分けました。


それぞれファイルの表に

Part1,2はそれぞれのチェックリスト、

Part3はアウトラインをクリップしました。




というわけで、ブログ記事も3部にわけますね。


Part1:The sponsorship application
(スポンサーの書類)


Part2: The application for permanent residence
(申請者の書類)


Part3: Supporting documents for the common-law relationship
(二人のコモンロー関係を証明するもの)







それでは。


-------------------------------------------------------------
よろしかったらこちらをぽちっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Ree
性別:
女性
職業:
Student
趣味:
バチャータ
自己紹介:

広島の高校を卒業した後、
期待と不安をいだき
カナダのエドモントンへ。

大学附属のESLにて
英語の勉強をはじめ
現在はこちらの
ソーシャルワーカーになるべく
日々夢をみながら
学生生活送っております。

ゲゲゲの鬼太郎の里出身。
が、広島、山口が長いです。
留学を考えている方、
又は現在留学している方、
気ままな日記、
気ままに見ていきんちゃい。
最古記事
(02/28)
(02/28)
(02/29)
(03/02)
(03/06)
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright © Reeのカナディアンライフwithコロンビアーノ All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]